[170603] 指導者のためのアーサナ・アナトミカルアプローチ養成コース レベル1 /2017年6月開催

様々な流派が混在している中、アーサナの取り方も多種多様していますが、機能解剖学の視点に基づいた流派を超えた統一見解としての安全なアーサナの取り方を提示していきます。

〈養成コースで実践するアーサナアナトミカルアプローチを紹介しています!〉








この機能解剖学の視点に基づいたアーサナの取り方を学ぶメリットは以下の通りです。

・どの流派にも属さない客観的なアーサナの取り方が学べる
  筋骨格に則ったアーサナの作り方
・自信を持って安全にアーサナを練習ならびに指導できる
  関節の構造を理解することで、ケガの危険性を回避する
・生徒からの質問に医学的視点を持って答えることができる
  伝統だからではなく、解剖学的根拠をもって答える
・アーサナの実践を客観的な知識に基づいて行うことができる
  物理法則や力学に基づいてなんとなくではなく、
  自分が行っていることを理解してアーサナをすることができる。

具体例
1 なぜ足のアーチを上げなければいけないのか
2 なぜ首は長くつかうのか
3 なぜ胸から反る必要があるのか
4 なぜ目線は指を追うのか
5 なぜ下腹部を安定させて行うのか

以上のことを全て自信を持って実践ならびに解説できるようになります。

レベル1 入門レベルから初級レベルに対応するアーサナ
(入門クラス、初級クラスに対応)

※ご受講に際し、順番はございませんので、ご自身に合わせたレベルをご受講頂けます。
(レベル2からの受講OK!)



・機能解剖学から見たアーサナとは
・各種アーサナ名
・キーマッスル
・身体の使い方
・骨格特性、リスク、注意点



・中枢からアーサナを作っていく大切さを知りました。
・下肢関節のニュートラルを意識することで腸腰筋が入る感覚がとても心地よかった。
・肩甲骨と胸椎の連動がよく分かった。
・ペアワークが充実していた。
・つながり。アーサナがつながりました。気持ち良くできるようになり、練習が楽しくなりました!
・ヨガもニュートラルを基本とするという事が分かりました。
・自分が関節をロックしていることに気づきました。
・ペアワークで引っ張る、押す事で体幹の伸びを感じられた(気持ちよかった)。
・快適と思っていたことが快適でなかったことに気づけ、気持ち良いの意味がわかり、身体の繋がり、身体の動かし方のヒントがわかりました。
・一つ一つのアーサナをとった時の心地よさを感じました。





日 時:2017年6月3日(土)・4日(日)10:00〜17:00(昼休憩1時間含む)
講 師:中村尚人、しんのすけ
会 場:STUDIO LEAP(東京都渋谷区上原2-47-19 ウェル上原ビル2F)小田急線・千代田線代々木上原駅南口より徒歩10分
対 象:ヨガインストラクター、ヨガを深く学びたい方全般
持ち物:ヨガマット・動きやすい服装・筆記用具
※昼休憩時の会場内での食事はご遠慮頂いております。近隣の飲食店をご利用下さい。
受講料:各レベル 64,800円(税込) ※事前振込制
定 員:各25名(最少催行 各6名)
申込締切:開催の1週間前

*ただし、定員に達し次第、申し込みを閉め切らせていただきます。


キャンセルには、キャンセル料がかかります。
-10日以前   全額返金
-9日前〜5日前 50%返金
-4日前〜当日  返金なし

☆必ずお読み下さい☆
お手続き完了後、自動返信にてご予約確認メールが届きます。お手元に確認メールが届かない場合はお手数ですがtel042-649-1545までご連絡ください。

返信用アドレスが携帯電話アドレスでご登録されている方で、迷惑メール対策などのドメイン指定設定をされていらっしゃる方は、「@takt8.jp」「@yahoo.co.jp」を”受信可”の 設定にしていただきますようお願いいたします。
また、WEBメールなどをご利用の場合、メールが「迷惑フォルダ」に振り分けられてしまっている場合もありますので、今一度ご確認いただけますようお願いいたします。



info@takt8.jpまでメールにてお問い合わせ下さい。






中村 尚人 Naoto Nakamura

株式会社P3代表
スタジオ タクトエイト主宰
予防運動アドバイザー・理学療法士・RYT200
Polestar Pilates Rehab修了
ヨーガ療法士



しんのすけ

2002年インド、ケララ州、Sivananda Yoga Vedanta Dhahwatari Ashram Neeyar DamにてTTC修了後、当時滞在していたイスラエルのシバナンダヨガセンターにて指導を始める。2006年インド、マイソールにてShri K Pattabi Jois,Shararth Rangaswamyより指導を受ける。同年日本に移住。東京荻窪のIYC(lnternational Yoga Center)にてケンハラクマ先生に師事、IYCのインストラクターとしてアシュタンガヨガの指導を開始。2009年より現在までIYC九段飯田橋スタジオにて毎朝の早朝マイソールクラスを定期クラスとし、地元では立川ヨガホームなどで活動中。東京、多摩地区の定期クラスを中心に日本各地でワークショップやヨガリトリートも開催しています。
ヨガという広大な世界においてインドの伝統的な教えから現代進化を遂げた新しい流派や解剖学にも興味を持ち、ヨガの素晴らしい効果をわかりやすく人に伝えるのを課題に、安全で怪我のない実践と指導を心がけています。
販売価格 64,800円(内税)
レベル

カテゴリーから探す

コンテンツ