[170827]ピラティスの解剖学 〜身体の効率的な動きを導く!〜 / 2017年8月27日(日)



ピラティスを指導する際に目的としている事は何ですか?
ピラティスの原理原則に沿って、その概念を実践を通し学んでいきましょう。解剖学的根拠に基づき、自信を持って指導できるようになります。
ピラティスの解剖学シリーズ第3回目。



今回のテーマは、
『エコノミックムーブメント(効率的な動き)』です。
ピラティスを行うことでの目的として、日常生活を楽に過ごすまたはパフォーマンスをアップするということがあげられます。そのためにはピラティスの原則であるエコノミックムーブメントが重要です。

人のカラダにとってどのような動きが効率的なのか、解剖学的に解説しながら、実践を通して学んでいきます。
エクササイズは ファンクショナルローラーピラティス® を用います。しなやかでかつ効率的な動きを手に入れてましょう。


「エコノミックムーブメント(効率的な動き)」に必要な要素を活性化する
 ・呼吸を使う
 ・良好なアライメントと動きの連鎖
 ・体幹からの捻りの連鎖を四肢に波及させる

【ターゲットマッスル】  
  腸腰筋、前鋸筋、大腿四頭筋、足部内在筋、呼吸筋群、ハムストリングス


・エコノミックムーブメントについて深く理解したい方
・実技を通して効果的な促通法を学びたい方
・理論的で根拠のあるピラティス指導ができるようになりたい方

【参考図書】
中村尚人著書および監訳図書

(著書)
「ファンクショナルローラーピラティス フォームローラーでできる104のエクササイズ」NAP
「コメディカルのためのピラティスアプローチ」NAP

(監訳)
「ティーチングピラティス」NAP
「ピラーティスアナトミィ」ガイアブックス

(DVD)
ピラティス入門



・ピラティスを歩行に繋げていくことの重要性が分かった。
・股関節の可動制限を見分ける方法が印象的だった。
・胸椎の動きを意識して歩行に繋げていく方法を知れた。
・身体の連鎖と歩行の繋がりを指導する方法を学べた。
・らせんの動きの重要性を再認識した。
・回旋角度の違いが歩行に影響することが分かりました。
・ピラティスの最終目的に大納得でした。



日 時: 2017年8月27日(日)10:00〜13:00 (3時間)
講 師: 瀬戸 景子
会 場: TAKT EIGHT プライベートスタジオ(2F)
対 象: ピラティスインストラクターとそれに準ずる運動指導者
持ち物: 動きやすい服装
     シャープペンシルor鉛筆(ボールペン・万年筆・フリクションペン等は不可。)
受講料: 6,800円(税込み)*事前振込制

申込締切:開催の3日前
*ただし、定員に達し次第、申し込みを閉め切らせていただきます。

最低催行人数:3名



◎瀬戸景子 Keiko Seto
理学療法士
ファンクショナルローラーピラティス(R)マスタートレーナー
Polestar Pilates Mat course修了
保健体育中学校・高等学校教諭
Body Control Pilates産前
産後ピラティスインストラクター



【ご注意】
キャンセルには、キャンセル料がかかります。
-10日以前 全額返金
-9日前〜5日前 50%返金
-4日前〜当日 返金なし

☆必ずお読み下さい☆
お手続き完了後、自動返信にてご予約確認メールが届きます。お手元に確認メールが届かない場合はお手数ですがtel042-649-1545までご連絡ください。

返信用アドレスが携帯電話アドレスでご登録されている方で、迷惑メール対策などのドメイン指定設定をされていらっしゃる方は、「@takt8.jp」「@yahoo.co.jp」を”受信可”の 設定にしていただきますようお願いいたします。
また、WEBメールなどをご利用の場合、メールが「迷惑フォルダ」に振り分けられてしまっている場合もありますので、今一度ご確認いただけますようお願いいたします。



【ご質問・問合わせ先】
info@takt8.jpまでメールにてお問い合わせください。



販売価格 6,800円(内税)

カテゴリーから探す

コンテンツ